ニュース・お知らせ

戻る

ショッピングアプリ「ショプリエ」に株式会社ブログウォッチャーが提供するO2Oソリューション「Profile Passport」導入
情報をPUSH型で送信し、ユーザーの店舗への誘導に成功

2013年3月15日

 リクルートグループの株式会社ブログウォッチャー(本社:東京都港区 代表取締役 淺野 健)(http://www.blogwatcher.co.jp/)は、1月28日に提供するスマートフォン向け通知型・情報配信ソリューション『Profile Passport(http://www.profilepassport.jp/)』を用いて、買い物しなくても、スタンプが貯まるお得なショッピングアプリ「ショプリエ」(リクルートライフスタイルが無料提供)に新機能を搭載したことを発表しました。

■PUSH型情報通知で、13%のユーザーが来店。O2Oのサービスが強化されました。

 ショプリエは、商品についたバーコードをスキャンすると無料でスタンプを付与し、スタンプが貯まると商品券やオリジナルグッズに交換できる、スマートフォン向けショッピングアプリです。このアプリは、O2Oのサービス強化のため、「Flags(フラッグス)」など大手アパレルショップが入る商業施設が参画しています。

 今回、ショプリエにProfile Passport(プロファイルパスポート)を導入することで、店舗に近づくだけでユーザーにスタンプ付与を知らせることができるようになりました。そのため、店舗はユーザーにバーコードをスキャンする手間をかけさせずにスタンプを獲得させることができ、より簡単に店舗への誘導を図れるようになりました。そして導入後、PUSH型で通知を受け取ったユーザーのうち13%が来店したという結果が得られました。

 スタンプ付与のほかにも、近くのタイムセール情報などもPUSHでお知らせし、ユーザーの来店を促します。この導入によって、ショプリエは店舗への来店促進アプリとしてO2Oサービスをより強化することができました。今回の結果から続々と参画店舗が増える予定となっており、クライアントの期待も高まっています。

【情報配信の画面イメージ】


  • ▲お得なスマートフォン向けショッピングアプリ「ショプリエ」。 PUSH型で画面に表示されます

  • ▲PUSH型通知の画面イメージ

■O2Oのサービス強化に役立つジオフェンス機能

 O2Oのサービス強化のために効果的だった、Profile Passportのジオフェンス機能をご紹介します。店舗が事前に指定したエリアにユーザーが近づくと、アプリをわざわざ開かせずに、PUSH形式で情報を表示することができます。そのため、ユーザーが情報をチェックする確率は高くなります。
 今回の「ショプリエ」への導入では、O2Oサービスを強化し、効果的にユーザーにアプローチすることができ、店舗来訪の機会創出をサポートすることができました。


▲店舗周辺にジオフェンスと呼ばれる、フェンスを設定し、
 そのエリア内に入ると、ユーザーに情報がPUSH型で配信される仕組みです

Profile Passportついて、もっと詳しい内容について知りたい方は担当者までお問い合わせください。

■対象OS
AndroidとiOS版のショプリエに導入いたします。
■関連リンク
ブログウォッチャー(http://www.blogwatcher.co.jp/
Profile Passport(http://www.profilepassport.jp/
ショプリエ(http://shoplier.jp/
このプレスリリースと『Profile Passport』に関するお問い合わせ
株式会社ブログウォッチャー 事業開発グループ
窓口担当 竹島/並松/羽野
Tel:03-6705-9210/Fax:03-5777-6120 adg@blogwatcher.co.jp